第4回 ローカルサミット in 南砺 2011

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イベントは終了いたしました。
多くのご参加・ご協力に御礼申し上げます。

第4回ローカルサミットin南砺2011実行委員会 事務局

※上着の忘れ物等、お心当たりのある方は下記までご連絡くださいませ。
TEL :0763-82-8288 (合同会社 地創研)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月23日(金・祝)~25日(日)、富山県南砺市にて、「第4回 ローカルサミット in 南砺2011」を開催します。

  

 

 

 


   
 *開 催 概 要*
テーマ:
東日本大震災に学ぶ「地域からの日本再生プラン」 
― 新たな暮らし方は祈りを忘れない
~ 「土徳の里」からのいのちの紡ぎ直し ~

日時:
2011年 9月23日(金・祝)~25日(日)

会場:
富山県南砺市
     
  
・ 申込用紙をダウンロードしてお申込みください。
申込用紙(WARD)
申込用紙(PDF)  

団体での申し込みを希望される方は、
併せて下記の申込用紙に記入の上、お送りください。
団体・申込用紙(WARD)
団体・申込用紙(PDF)

FAX :0763-82-8289 (24時間受付) 
メール:4ls☆chisouken.jp (☆を@にしてください) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〈申し込み後の流れ〉
1.  FAXでの申し込みはFAX受信後、1週間程度で申込書にご記入いただいた 
電話番号に電話をし、確認をとらせていただきます
FAX送付後、10日経って当方から連絡がない場合には以下の番号にお電話ください。
TEL :0763-82-8288
第4回ローカルサミットin南砺2011実行委員会 事務局(合同会社 地創研 内)

2. 事前申し込みなしで当日いらしても、参加できない場合がありますので、
参加ご希望の方は事前申し込みをしてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・第4回 ローカルサミット in 南砺 チラシ
チラシ・表(PDF)

チラシ・裏(PDF) 

 

 

【 ス ケ ジ ュ ー ル 】

〈1日目〉
9月23日(金・祝)
13:00 JR城端線・城端駅集合 
13:30 南砺市内見学
16:00 利賀村到着
17:00 オープニングレセプション
    会場はこちら
*  オプションツアー
 五箇山麦屋まつり見学(別途1,000円)  
-宿泊 村内民宿等に分泊-
参加費:
7,000円 
宿泊費別途
〈2日目〉
9月24日(土)
 ○利賀村内駐車場はこちら
09:00 フィールドスタディ
11:00 キースピーチ・瞑想
13:00 昼食 
14:00 分科会(9テーマ)
     キースピーチ・分科会の会場一覧はこちら
19:00 交流会
     会場はこちら  
-宿泊 村内民宿等に分泊-
 参加費:
10,000円
宿泊費別途
〈3日目〉
9月25日(日)
08:00 利賀村より城端へ移動
     城端会場はこちら
09:00 日本海学連携シンポジウム
10:00 分科会まとめ 首長サミット
     ローカルサミット宣言
13:00 自由解散*  オプションツアー
     ツアーの詳細はこちら(PDF)
 参加費:
1,000円

  参加費: 3日間 18,000円
 ・宿泊費別途
 
参加費に含まれるもの
 ・オープニングレセプション、交流会費 〈1・2日目〉
 ・フィールドスタディ費 〈2日目〉
 ・市内移動費 〈1・2・3日目〉

★プログラム参加料は当日お持ちください。おつりのないように、ご協力をお願いします。

*お 問 い 合 わ せ*
第4回ローカルサミットin南砺2011事務局(合同会社 地創研 内)
TEL :0763-82-8288 (平日9時~18時)
FAX :0763-82-8289 (24時間受付)
メール:4ls☆chisouken.jp (☆を@にしてください)

   
 南砺市は、富山県南西部に位置し、散居村の田園地帯が広がる平野部と、美しい自然に恵まれた山間部を持ち、世界文化遺産に登録された五箇山合掌造り集落、利賀村の演劇、木彫刻、和紙など、多くの文化的蓄積があります。 
 江戸時代は加賀藩に属し、金沢市に隣接していることから、加賀文化の影響を深く受けており、信仰心が強く、浄土真宗王国といわれています。南砺市を中心としたこの地域には「土徳」という言葉が伝えられています。「土」は土地や地域、「徳」は恩恵、おかげさまの心。見えない力に守られ、あらゆる心に感謝するー。人々は「土徳」の心をよりどころに生活しています。
 今年のローカルサミットは、3.11が提起した新しい日本の国づくりに対して、この精神風土「土徳」の息づくまちづくりを舞台に、日本人の原点に立ち返り、いま一度、〈いのちの紡ぎ直し〉を提案していきます。

城端駅(富山)